2009年10月22日

タイフェスティバルin横浜2009

※ステージプログラム、アップしました。


日程 
 10月24日(土)25日(日) 
場所 
 横浜 赤レンガ倉庫前広場(最寄り駅:JR桜木町駅、地下鉄馬車道駅) 

タイの様々な文化や芸能、ムエタイなどの紹介はもちろん、タイからの2組の歌手が盛り上がること間違いなし。 

  ゲスト歌手

アイスサランユー(24日のみ) 
ステージ終了後、DVD即売サイン会あり!

ネコジャンプ(両日) 

また日メコン交流年にあわせてミャンマーからもナンスー・ヤティソーが参加します。 
わたしは歌手のアテンドの他、ステージとブース43の間をウロウロしてると思いますので、お気軽にお声かけ下さい。






<ステージプログラム>


続きを読む
posted by そむちゃい at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

タイフェス大阪遠征記2

先週、9月5、6日と大阪天王寺公園で行われたタイフェスティバルに、ぴっぱら奨学金のお手伝いとして参加してきました。これはその参加記です。



9月5日(土) 前回からの続き 

9時前に今年からぴっぱらの非常勤職人をしてくれているNさんが会場入り。 
そのころ、すでに気温は30度近くになっていて、 
立っているだけでも汗が流れて来ていた。 
Nさんは大阪出身でしかも、実家が会場の近く。 
お友達も手伝いに呼んでくれている。 
実際、彼女たちがいなかったら二人だけではどちらかが暑さで倒れていただろう。 
代々木のような忙しさは無いが、名古屋と同じくらいか 
少し緩い感じではあったが、暑さはまさに殺人的だった。 

途中、汗を拭うつもりで腕をなでるとザラッとする。 
なんだと思ってなめてみるとしょっぱい。 
ん?と思ってよく見ると塩だ。 
汗がそのまま塩になっていた。 

そこからは、常に水分を摂るように自分とお手伝いのかたに言い聞かせた。 
放っておいても、喉が渇くけど汗の量はそれ以上に多いから 
用心に越したことは無い。 


続きを読む
posted by そむちゃい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

タイフェス大阪遠征記1

先週、9月5、6日と大阪天王寺公園で行われたタイフェスティバルに、ぴっぱら奨学金のお手伝いとして参加してきました。これはその参加記です。



9月4日(金) 

いつもと違う場所へ行く時は、いまだにワクワクする。 
前夜は仕事だったから、別に眠れなかったわけではないが。 
夜8時過ぎ。 
用意は万端。 
大阪行きの夜行バスの集合時間は9時半だから、少しテレビを見てゴロゴロ。 

と、これがいけなかった。 
ふと気がつくと時計は9時を少し回ったところ。 
知らない間に眠っていたらしい。 
慌てて荷物を担いで出発。 



続きを読む
posted by そむちゃい at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

イベント完了

昨夜、大久保タイレストラン「ルアムジャイ」で行われた
「今宵はモーラムナイト♪」は無事終了しました。

ご参加下さった方々、改めまして御礼申し上げます。

レポートは後日アップ致しますが、まずは御礼まで






posted by そむちゃい at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

タイ式イベント:今宵はモーラムナイト♪

日程がよくなかったのでしょうかねぇ? まだまだお席には余裕があります。
当日の参加も可能です。 お時間の出来た方はどうぞ、いらして下さい。

・会場の地図を掲載しました。


去る3月7日に開催した「今宵はルークトゥンナイト♪」に次ぐ第2弾です。
正確には、当日トラブルによりプログラム通りにできなかったことへのリベンジなのですが、同じようなことをやっても仕方ないので、今回はモーラムにテーマを絞ってやってみようと思います。

さらにスペシャルゲストととして某有名モーラム歌手も予定してます。
タイ料理を食べながら、飲んで、間の前で繰り広げられる歌と舞いをお楽しみ下さい♪



  今宵はモーラム・ナイト♪

    日時:8月2日(日)午後6時から
    場所:タイレストラン ルアムジャイ  詳しい場所はコチラ
    参加費:5000円 4800円(飲み放題、タイ料理込)
    参加方法:メールにてお名前と参加人数をお知らせ下さい。
         会場定員になり次第に締め切りとなります。
    申込メール:loogthungthailand@gmail.com


ポスター作ってもらいました。
ゲストのヒントもその中に? 写真をよーく見てみて下さい。。。



続きを読む
posted by そむちゃい at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

宮古島の神歌と古謡

日本の声・日本の音と題された第25回<東京の夏>音楽祭2009に行ってきた。

 ・過去記事 > 日本の謡

iconicon


18〜20日の3日間、宮古島に伝わる神歌や民謡を島に暮らす演奏者たちを招いて公演が行われた。ここで聴くことができた歌のいくつかは、もしかしたら、もう二度と見ることの無い貴重なものとなるかも知れない。

というのも、出演者の最高齢は96才。
宮古島諸島の中にある池間に伝わる神歌を長年、神に唱え続け、伝えてきたおばあたちだ。


宮古島で古くから歌いつがれて来た神歌と古謡は琉球のブルースだ!

この公演をプロデュースし、当日もナビゲーターを自ら務めた久保田麻琴氏のことばだ。

「やられた!」と思った。
全く関係のないことだが、個人的に紹介しているモーラムについて
ずっと以前から暖めて来たフレーズと同じだったからだ。

 宮古島の人々は古くから琉球王朝によって、人頭税という未曾有の辛苦の中から祈りや願いを神に託そうとこの神歌と古謡を生み出したという。翻ってモーラムも、絶対権者である国王や逆らうことにできない自然、そして日々の暮らしにまつわる事柄をラムという節に乗せて即興で歌っていたものだ。それは、その時その時に沸き上がる心の叫びであり、まさにイサーン人のブルースと言うべきだと思っていたのだ。



続きを読む
posted by そむちゃい at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

メコン川流域の人々写真展

タイにも関連していたのに、知り合いの写真展でもあるのに、全く案内を失念していたイベント。

日本アセアンセンターで、「メコン川流域の人々」という写真展が開催されています。
残念ながら明日(否、きょう)12日までなのですが、もしお時間のある方は行ってみて下さい。
写真展は主にベトナム、カンボジア、ラオスをくまなく旅した小宮山道隆氏による
そこに暮らす人々の素顔に迫るもので、どれも印象的なものばかり。
見ているうちにその場の匂いや音や雑踏を吹き抜ける風すらも感じられるような正しく真(まこと)を写した画です。

詳しくは、
日本アセアンセンター http://www.asean.or.jp/

  
日本アセアンセンター(地下鉄御成門駅そば)



実は、昨日(11日)その小宮山氏とアジアなんでも専門家アジア光俊氏の講演会があったので行ってきました。



続きを読む
posted by そむちゃい at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

タイ式イベントな週末の顛末記(3)

5月31日(日)

 マイミクさんに紹介してもらったスーパー銭湯は、思った以上に快適で疲れもあっただろうけどぐっすりと寝ることが出来ました。それは目覚ましのテストをしようと5分後にセットしたにも関わらず、気づかないで朝になってしまったほど。ただ、仮眠室には、豪快なイビキが響き渡っていたので神経質な人には辛かったかもしれない。わたしも普段なら気になっていたかもしれない。

 起きてすぐに朝風呂。普段は朝風呂なんて入ることも無いけど、折角ですから。と、露店風呂に出ようと外を見ると大雨! え″〜、そりゃヤバい。これじゃきょうの来場者は少ないかも・・・。 そんな不安の中で朝食を済ませてチェックアウト。料金的にもカプセルホテル並みだから、利便性さえ良ければ、他の所でもこういったところに泊まるのはいいかもね。ここは駅も近いみたいだから、車じゃなくても来やすい。



続きを読む
posted by そむちゃい at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

タイ式イベントな週末の顛末記(2)

★タイ式イベントな週末の顛末


5月30日(土)


 メコン川音楽祭の後片付けを終え、打ち上げにはちょっと顔を見せただけで退席。
というのも、すぐ名古屋で開催されるタイフェスティバルに「ぴっぱら奨学金」として参加するためにに向けて移動しなければいけないから。

 わたしがこの奨学金を手伝うようになったのは、1999年にバンコクに仕事(移住とも言う)で赴いた時から。それまで日本にいるあいだは、フォスタープランに寄付をして、フィリピンにフォスターチャイルドなる支援をして来たのです。しかし、タイへ行くにあたり、収入ががた減りになることが決定したために止むなく退籍。そして、お金がない変わりに労力を提供しようと思い立ったのがきっかけでした。タイに住まわせてもらうには、それなりにご奉公をしないと行けないかなと思った事もあるのです。というのも、自分がそこで仕事をするということは、タイ人の仕事を奪っている可能性もあるわけで。そのころは、まだまだアジア通貨危機の影響から脱しきれていないタイだったから、尚さらそう考えてしまったのです。

 そのぴっぱら奨学金は、代々木のタイフェスティバルには第2回から連続して出店していたのですが、記念すべき第10回だったにも関わらず(しつこい?)今年はなぜか出店リストから外されてしまったのです。わずか数名のボランティアで運営し、年間予算もごくわずかな団体にとって、収入の大きなウエイトを占めていた代々木が外されたことは、死活問題でした。そこへ懇意にしてくれているB.M.I.musicから共同出店のお声をいただき、さらに高速道路1000円という要素が加わったことで、名古屋への出店が叶ったのです。


後ろに見えるのがテレビ塔

続きを読む
posted by そむちゃい at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

タイ式イベントな週末の顛末記(1)

先週末、二つのイベントに参加してきました。

第2回メコン川音楽祭        5月29日(金)神奈川公会堂




タイフェスティバル2009 in 名古屋  5月30(土)31(日)




いずれも盛況で個人的にもそれぞれ有意義なものとなりました。
きょうから数回に分けてその週末の顛末を報告します。
まずは29日第2回メコン川音楽祭のレポートからどうぞ。
続きを読む
posted by そむちゃい at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

タイ映画【チョコレートファイター】

 この蹴りに世界がひれ伏す?

  タイ式アクション映画


史上最強美少女誕生!ノンストップの生傷アクション!
「マッハ!」の監督が再び
ノー・ワイヤー、ノー・スタントで魅せる
最新作品

5月23日〜 公開中!!!


 出演:ジージャー(ヤーニー・ウィサミタナン)
    阿部寛
 監督:ブラチャー・ピンゲーオ
 アクション監督:パンナー・リットグライ



 「マッハ!」「トムヤムクン」のプラチャー監督とトニー・ジャーの師匠が再びタッグを組み、4年に渡ってじっくりと鍛え上げ、作り上げた超話題作!


 公式ホームページ http://www.chocolatefighter.com/

 公式ブログ    http://ameblo.jp/chocolatefighterblog/


予告編とメイキングは↓

続きを読む
posted by そむちゃい at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

タイ式イベント

いよいよ来週です。


◆ 5月29日(金)    第2回メコン川音楽祭
   出演アーティスト・・・アイス・サランユー     タイランド
              アレンサンドラ・ブンスアイ ラオス
              ダ・ジン          ミャンマー
              ナン・スー・ヤティ・ソー  ミャンマー
   オフィシャルサイト:http://mekong2009.iinaa.net/


◆ 5月30・31日(土日)タイフェスティバル in 名古屋

メコン川音楽祭とタイフェス名古屋には、アイス・サランユーがやってきます!
また、タイフェス名古屋には日タイユニットSweetVacationも。。。
そしてわたし、そむちゃい吉田とぴっぱら奨学金も初名古屋です♪




アイス・サランユー
<合同出店するBMIにてサイン会があります!>

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております!
会場で見かけたら、気軽に声をかけて下さいまし♪

posted by そむちゃい at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

日本の謡

古来、日本には独自の言葉と文化があったと言われて来た。 
それは、大陸より、南方より、異民族がやって来る以前。 
それはもしかしたら、こんな感じじゃなかっただろうか。 

宮古島の一部の地域にのみ伝えられて来た神歌と古謡。 
そこで歌われ、語られている言葉は、東北地方のそれによく似ているという。 
もしかするとそれこそが 
渡来人たちの新文明によって、追いやられたいにしえの日本古来の言葉。 

琉球は渡来人から逃れた古来日本人たちの終の住処だったのかもしれない。 

消え行くいにしえの記憶を歌い継ぐおばあたち。 
いま見て、記憶しておかなければ、永遠に失われてしまうのかも知れない。 

こんなイベントがあります。 
興味のある方は、ぜひ。 


<日本文化の古層>  宮古島の神歌と古謡 

■ 日時 : 7月18日(土), 7月19日(日) 15:00 14:30開場 
■ 会場 : 草月ホール (→地図) 
■ チケット : 全席自由 一般:\5,500 
   学生(アリオンチケットセンターのみ取扱):\3,500 

http://www.arion-edo.org/tsf/2009/program/m04/?lang=ja 



続きを読む
posted by そむちゃい at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

第2回メコン川音楽祭のお知らせ


第2回メコン川音楽祭
5月29日(金)神奈川音楽堂


<参加アーティスト>

アイス・サランユー     タイランド
アレンサンドラ・ブンスアイ   ラオス
ダ・ジン         ミャンマー
ナン・スー・ヤティ・ソー ミャンマー


今年もお手伝いとして参加します。
昨年は、運営側が不慣れだったためにちょっとバタバタしていましたが、
今年は大丈夫でしょう。。。(多分・・・)

オフィシャルサイト:http://mekong2009.iinaa.net/




出演アーティストプロフィール
posted by そむちゃい at 19:45| Comment(0) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日メコン交流年2009

ずっと前から書かねばいけないと思いつつ、きょうになってしまいました。。。
すでにご存知かと思いますが、
今年は「日メコン交流年」だそうです。

MekhongYearTitle.jpg

だから何だと言われると身もふたもないのですが、
わたし的には認定事業のいくつかに参加しますので、予めという意味でのお知らせです。


現在、決まっているのは

 5月29日(金)第2回メコン川音楽祭

 5月30・31日(土日)タイフェスティバル in 名古屋


東京でのタイフェスへは今年出展できませんので、
ゆっくりと見る側に徹しようと思っています。



続きを読む
posted by そむちゃい at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

空とコムローイ

今度、見に行こうと思って数十年ぶりに前売り券などというものを
ほぼ衝動的に買ってしまいました。

タイ山岳民族のアカ族に密着したドキュメンタリー。
今やニュースにもならなくたった(?)エイズ。
つまりそれほどに当たり前になってしまったのか、
それとも制圧されつつあるからなのか。
しかし、現実は山奥の小さな家族を悲しく引き離す。


きっといい映画だと思います。


空とコムローイ
banner_l.jpg
1月31日(土)封切@渋谷ユーロスペース



■ストーリー
 タイの最北端の街メーサイ。麻薬や、人身売買の危険にさらされた山岳民族アカ族の子供と女性達約150人が、家族のように暮らしている。タイ語や算数、アカ族の伝統的な刺繍を学び、自立した生活ができるように、約30年前からイタリア人のペンサ神父、タイ人女性ノイさんが彼らを見守ってきた。どんな小さな子もただそこに生きているだけでいいという空気の中で 互いに助け合う子供達の姿を見て、都会の生活でこわばった「私」の心が、なごんでゆく。 <後略>
続きを読む
posted by そむちゃい at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

闇の子供たち 見てきました。

yaminokodomo_bnr01.gif



これまでタイを舞台とする映像を見る時はほとんど、決まって懐かしさと自分の記憶との照合が頭を駆け巡るのだが、この映画を見ている間はそのような感傷を呼び起こす余裕などは生まれなかった。
そして、阪本順治監督が映画用に用意したと思われる結末は、見た者に確かに自問自答を強いる事に成功している。少なくともわたしには。
バンコクで暮らしていた頃、似たような事例を見聞きした事もあった。
それでも、わたしに取ってこの映画のテーマは衝撃的だった。
そして、見終わった今
これほど深く、衝撃的でありながら、じんわりと静かに、
頭の中を知らぬ間に浸食されたかのようになった記憶は無い。


この映画を見た他の人は、どう感じたのだろう。
原作も読まなくてはいけない。

そんな事を考えていた。 帰り道。
ふと気がついたとき、降りるべき駅を2つほど過ごしていた。



続きを読む
posted by そむちゃい at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

かなり衝撃的な映画

yaminokodomo_bnr01.gif


きょう8月2日から封切りされる映画。
これはかなり衝撃的かも。。。
しかも人ごとじゃない。



『闇の子供たち』 http://www.yami-kodomo.jp/

 監督+脚本:阪本順治
 原作:梁石日(『闇の子供たち』幻冬舎文庫)
 主題歌:桑田佳祐「現代東京奇譚」

 (タイシタレーベル/スピードスターレコーズ/ビクターエンタテインメント)


 出演:江口洋介/宮あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバン
    /プライマー・ラッチャタ/豊原功補/鈴木砂羽/塩見三省/佐藤浩市


  ★第43回カルロヴィヴァリ国際映画祭正式招待作品





これが事実ならかなりショック。。。

でも見なくちゃいけないのだろう。


 



実は静かな噂として、タイの田舎で子どもたちがさらわれているということは、ココ数年耳にしていた。実際に奥サンの実家でも夕方以降子どもたちの外出を注
意していた。まさかそのことは、ここに描かれる事に関係しているとしたら、人ごとじゃ済まされない。そう考えるだけで、背筋がザワザワしてくるし、居ても
立っても居られない気持ちになってしまう。ウチのチビたちは無事だろうか。 

あ〜、心配になって来た・・・。 
これからは毎日電話しないといけないかも。。。




続きを読む
posted by そむちゃい at 15:36| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

初めての講演会

ただ今、ある企画の準備に追われてブログ更新もままなりません。
なにしろ生まれて初めてのことなので、どうかご容赦を。。。

そのイベントとは、これもタイ式イベントの一つ・・・と言えるかな?

題して・・・
♪タイ庶民の心の歌とその暮らし
 〜ルークトゥン、モーラムとタイ庶民の生活〜

thai080719.jpg

主催の早稲田奉仕園さんが
素敵なバナーを作ってくれました♪




 概説:ルークトゥンから探るタイ庶民の生活
    タイ庶民が愛して止まない音楽ルークトゥンとモーラム。
    歌手や代表曲や音楽性を解説。
    そして、その中で歌われているタイ庶民の生活の現状をレポート。

 内容
  第1部「タイ庶民の音楽ルークトゥンとモーラムについて」
      ルークトゥンとモーラムについて、歌手や曲の紹介

  第2部「タイ庶民の生活」
      バンコクと地方の暮らしの実態を曲とともに紹介

photo3.jpg photo4.jpg photo1.jpg
   

  ※内容、構成は本告知後に変更になる場合もあります。



  日にち:7月19日(土)

  時間:午後2時〜5時

  場所:早稲田奉仕園    アクセスはコチラ
  イベント案内ページ
    http://www.hoshien.or.jp/class/asian-tokubetsu.html#thai

  参加費:1000円(ドリンク付き)

  当日は、紹介した曲のCDやタイ民芸品のチャリティーバザーも同時に行う予定です。
  内容は入門者にもわかるような形にしたいと思ってます。
  そのため、マニアな方には少しもの足りなくなるかも?

    ※終了後、2次会と称してタイレストランで食事会も企画中です。
         大塚に移動して食事&懇談&飲み会あります。






本番まであと10日。。。
やっと上映するビデオとスライドのセレクトが(ほぼ)終わりました。
奉仕園にも参加申込みがボチボチと来ているそうですので、
聴衆がまばらな状態というのは避けられそうなので、少し安堵。

と同時にプレッシャーもシフトアップ。
ちゃんと言いたいことがうまく伝えられるのかどうか・・・

まぁ、なるようになるとは思いますが、乞うご期待とは言いません。
むしろ、あまり期待しないで、初めてなんだからと
温かい目で見て下さるようお願いします。





おかげさまで、ほぼ満席の盛況でした。

何しろ無我夢中でしたので、うまくお話が出来たとは思えませんし
途中少しのトラブルもあったりと予想通りのドタバタでしたが、
概ね好評だったようで少しホッとしてます。

暑い中、お越しいただいた皆様に改めて御礼も仕上げます。
もし、感想コメントをいただけましたら幸いです。
2008年7月20日記


posted by そむちゃい at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

メコン川音楽祭レポート2

5月27日(火)に横浜音楽堂で行われた
メコン川音楽祭のレポートです。


その前に・・・
公演に先立って行われた、NHK WORLD RADIOによるインタビューが配信されています。


タイ語ページ
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/thai/top/index.html
 ネコジャンプへのインタビュー。
 なんと渋谷公演で歌った「キューティーハニー」も少し聴けます。
 6月14日頃までの期間限定ですから、急いで♪

音声
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/thai/radio/asx/sunday.asx

ビルマ語ページ
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/burmese/top/index.html
 ダ・ジィンへのインタビューに加えて、ミエ・ソクサピーア(カンボジア)、
 ナーリン(ラオス)、ネコジャンプ(タイ)の声と曲も少し聴けます。
 ※私は何を言ってるのかサッパリ・・・なので、肝心のダ・ジンが
 どこでしゃべっているのかもわかりません。(xOx)
 こちらは4日から配信されているので、10日まで? 今すぐ聴かなきゃ♪

音声
 http://www.nhk.or.jp/nhkworld/burmese/radio/asx/wednesday.asx

続きを読む
posted by そむちゃい at 15:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。